seo検索エンジン最適化 SEO対策ならフォアフロントへ

SEO(検索エンジン対策)

SEO

SEOで検索エンジンの上位表示を
SEO GIVEN TO UPPER RANK DISPLAY BY SEARCH ENGINE

SEOで検索エンジンの上位表示を

なぜSEOなのか?
SEO 検索エンジン SEOとは“Search Engine Optimization”の略で、ホームページをサーチエンジン(=検索エンジン)に対して最適化することを言います。
日本語では「検索エンジン最適化」といわれています。

分かりやすく言うと、「seo 検索エンジン最適化」とはYahooやGoogle等検索エンジンが出す検索結果の上位にWebサイトが表示されるように、様々な対策を講じることを意味します。

検索エンジンは登録されているWebページをキーワードに応じて表示しますが、その際の表示順位はそれぞれの検索エンジンが独自の方式に則って決定してします。
この順位が上にある方が検索エンジン利用者の目につきやすく、訪問者も増え、安定したアクセスが期待できます。
インターネット業界ではマーケティング手法の1つとしても確立されています。

SEOの必要性~無人島にお店を開かない為に

素晴らしいホームページを作っても、ターゲットユーザーに見てもらえなければ何も始まりません
SEO 検索エンジン 無人島にお店を開くことと同じ結果です。膨大に存在するホームページの中から自社のホームページに見込み客を誘導するためには、検索エンジンですぐに見つかることが不可欠です。

ユーザーの大半は、検索エンジンを使って、様々なサービスや情報を提供しているウェブサイト(=ホームページ)を探しています。 ということは、何千件、何十万件、キーワードによっては億単位にもなる膨大に存在するウェブサイト(=ホームページ)の中で御社様のウェブサイト(=ホームページ)が検索エンジンに出て来なければ、まさしく無人島にお店を開くことになるのです。

2006年に18歳以上の男女500人に対して、検索エンジンの利用状況を、3月28~29日までネットで聞いたところ(オプト調査)、検索結果の閲覧ページ数は平均3.6ページまでしか見ていないという結果が出ています。
つまり、4ページ目以降の検索結果に出てきても殆ど意味がないのです。
そして80%のインターネット利用者は「検索エンジンの検索結果の上位に表示される企業はメジャーブランドである」と考えています (2003年4月8日~4月21日yahooリサーチ調査)。

上記の結果でも分かるように上位サイトは高感度を上げる効果や安心感、また「重要な情報がありそう」という期待感を与える効果があると考えられます。
したがって、ホームページにアクセスしてもらうためには、検索エンジンの検索結果で上位表示される必要があるわけです。

そのためにはインターネットユーザーが入力するキーワードに沿ったホームページ作りが必要になります。
フォアフロントでは「SEO」対策により、検索エンジンのアルゴリズムを解析することによりお客様のホームページを上位のページに表示させることができ、その結果、ユーザに認知される可能性は高くなります。

SEO(検索エンジン最適化)のメリット

まず、能動的に「検索」というアクションを起こしている優良見込み客にターゲットを絞った営業が可能なわけですから、何よりも高い集客効果があることが一番大きいメリットだと言えます。
そして、そのため、成約や購買につながる確率は非常に高く(=コンバージョン率が高い)バナー広告の5倍以上にもなるとも言われています。

また、前述したように検索エンジンの上位表示を確保することでその会社への信頼感や安心感等を与えることによってブランディング効果があり、例え実際お店がなくてもインターネット上でのブランドを形成が可能で高いブランド認知効果まで期待出来ます。

さらに長期的に安定した集客が可能なため、費用対効果(ROI)に優れています。
メールやバナー広告のように掲載期間があるわけでもなく、検索連動型広告(リスティング広告)のようにクリックされると有料になる期間限定の広告手段なわけでもなく、コストを気にせずに行える手段です。即時での効果は得られないとしても長期的に見れば、非常に高い費用対効果が期待出来ます。
さらに検索連動型広告(リスティング広告)とSEOを併用すれば、検索結果上で自社サイトへのリンク及びキャッチコピーが複数違う場所に数多く露出することが可能なり、クリックスルー率が大きくアップします。
つまり集客力が飛躍的に上がります。

検索結果上位表示~その後は??

せっかく上位に表示されたページ、ですが思うようにアクセスが上がらない、売り上げが伸びないないでは困ります。
事実、ページを作り、ある程度の上位表示は出来ているがそこまでというサイトは多々あります。
ではどこがいけないのでしょうか?

実は様々な要因があるのです。
それには検索エンジンやインターネットの知識は勿論それにプラスして、マーケティングを応用しなくてはなりません。

企業サイトであればその戦略イメージやコピーは勿論、どのキーワードをインターネットユーザに提示するか、販売サイトであればユーザーの視線誘導、商品ラインアップ、決済方法の長短所等など多岐にわたります。

フォアフロントでは作って終わりのサービスではなく、個々に即したご提案をさせていただきます。